2章 相手との距離感?本当に思うことと感情に巻き込まれないこと


  •  最初から読む
  •  3章へ


  • 東播磨カウンセリング研究会総会対談 2018.4.29
    「福祉の事例をこころと演技から理解する」

    劇作家・演出家     中原和樹
    東播磨カウンセリング研究会会長・心理カウンセラー いなまつゆか

    心理カウンセラーのいなまつゆかが、役者をしている娘を通じて知り合った、劇作家・演出家の中原和樹さんと対談をしました。

    中原さんは、箱庭療法に興味を持ってくださり、それを知ったいなまつが、東京に中原さんのワークショップを見学に行きました。その感性のすばらしさにうたれ、対談を希望したことから始まった企画です。




    中 自分ごとに、まあ演劇の場合、僕の場合は、自分ごとにどうするかっていう話を役者さんとよくするんですけど、その言葉であったり振る舞いをまあ他人ごととしてやってしまうと、嘘になってしまうんで。でも、最初から全部自分になってしまうと、自分に引きつけ過ぎ、自分に寄せ過ぎちゃうので。

    い ああ。

    中 自分ごとにしていくところからどうやっていくのかという、そこは今お話をうかがってて同じことなのかなと思いましたね。はい。

    い 今日は社会福祉の現場で働いていらっしゃる方も多いかと思うんですけど、カウンセラーもそうなんですけどね、近すぎると巻き込まれちゃって、

    中 はいはいはい。

    い 一緒に悲しいまんま帰る、みたいな、つらいまんまで、ちょっとクールさに欠けるっていうか。

    中 はいはいうんうん。

    い でも、それがつらいからって、あんまりにも離しちゃうと、「はあ大変ですねー」ってなるんですよ。思ってないでしょうっていう感じになる。そういうことですよね。

    中 そうですよね。多分まあ、役者さんの場合も、その本番をやるときに、僕ら動きだったり、決めごともやっぱりあるんですよね、その出てきて、どこではけるとか、こうアクションをするとか、でもそれって全部、頭の中になぞってると、嘘になってしまうんですけど。

    い ああ

    中 その目の前の人と対話したり、共感したりしながらも、ほんの少しだけ、それがなんのためにあるのか、っていうふうなこととか、自分が誰なのかというところを見失うと、

    い うん

    中 演劇の場合も、ちょっと極端な例ですけど、入り込みすぎて、その後立ち直れなくなってしまう、本当に極端な例ですよ。

    い ふーん

    中 すごい深い闇というか、難しい役だったりという場合もあるので、何かこう安全綱というか、そういう形を話しますね。

    い うんうん。ここ、すごく難しいですよね。決まりごとがあって、こう動いて、こう言って

    中 そうなんですよね。

    い ああしてとか。決まってるのに、その決まりごとで動いたら、嘘になる

    中 はい、そうなんですよ。

    い 演劇を嘘だって思っておられる方もいると思うんですけど、演技力って嘘じゃないんですよね。

    中 そうですね。

    い そこがすごく難しい。

    中 いやもうはい。

    い 本当に思ってるんですよね。

    中 ほんとに思って、ほんとに言いたい言葉をかけて、ほんとに目の前の人とこうつながりを持ってやらないと、まあ、演劇って舞台自体が嘘なので、本人たちが嘘をついてしまうと、嘘の上に嘘をかさねちゃうことになるんですよ。

    い ああ

    中 だから舞台というものが嘘なので、真実をどうやって立ち上げるかっていうか、僕はまあそれを信じてやっているので、だからまあ、逆にいうと、演劇の場合は舞台が全部嘘なので、どういう苦しみでも、一歩それが終わってしまえば、助かるというか、安全弁でもあるんですよね。

    い 抜け出せる。

    中 そうですそうです。その抜け出せるものの上なので、ぎりぎりまで、自分を賭けていかないといけないものだなって、僕は思っている、はい。

    い うーん。それはカウンセリングをしてても同じで、カウンセラーが安全圏にいると、なかなか支援ができないんですよね。

    中 はあはあ

    い ちょっとやっぱりぎりぎりで、これ以上だと危ないけども(うんうん)まったく安全なところだと、「(薄っぺらく)ああ大変ですねーつらいですよねー」ってなるんですよ。

    中 うんうん

    い 「つらいですよね」って言ってるときに私も、そのつらさを感じてないと(うん)全然助けにならないんですよ。

    中 そうですよね。

    い それって相当追い込まれてて、大変なのに、崩れないようにしなきゃいけないので、すごくやっぱりぎりぎりだから

    中 そうですよね。

    い 似てますね。

    中 似てますね。

    い 大変ですよね、そこが。


  •  最初から読む
  •  3章へ


  • (申込み・問い合わせ先)
    東播磨カウンセリング研究会 (岸本秀子方)
    e-mail  higashiharimac@gmail.com


       

    受講者の声

    教材

    世話人