4章 気持ちや関係性を理解するプロセス


  •  最初から読む
  •  3章へ
  •  5章へ


  • 東播磨カウンセリング研究会総会対談 2018.4.29
    「福祉の事例をこころと演技から理解する」

    劇作家・演出家     中原和樹
    東播磨カウンセリング研究会会長・心理カウンセラー いなまつゆか

    心理カウンセラーのいなまつゆかが、役者をしている娘を通じて知り合った、劇作家・演出家の中原和樹さんと対談をしました。

    中原さんは、箱庭療法に興味を持ってくださり、それを知ったいなまつが、東京に中原さんのワークショップを見学に行きました。その感性のすばらしさにうたれ、対談を希望したことから始まった企画です。




    い 今回の、その、今回の主人公の方の場合ですけども、まず具体的にどんな感じでやっていったんですか?

    中 稽古ですね。

    い 稽古なんですね。

    中 でも、さっき話した、その人の人生というか、それまでの言葉だったり、そのときに人間が全部を、劇だと演劇的なんで、全部を吐露する瞬間もやっぱりあるんですけど、

    今回は、やっぱり全部を吐露できなかったり、しなかったり、抑えたり、隠してたり、我慢してたり、そういう、僕らハードルとか、ブレーキとかって言うんですけど。

    い うんうん。

    中 そういう部分だったりとかを、バランスをとるというか、やっぱり、演劇をやっていると、カタルシスがあるんで、全部を吐露する。

    い 全部を出しちゃうっていうことですよね。

    中 ああそうですそうです。

    い スッキリするっていうことですね。

    中 そうですそうです。でも、それをやってしまうと、やっぱり慣れてしまうこともあるんで、
    い 役によってはってことですね。

    中 そうです。そういう部分だったりとか、ほんとにその繊細な、ほんとに声をかけたくなる瞬間なのかとか、もしくは、今この瞬間に声をかけなくてはいけないのかとか、

    そのケアマネジャーのたいすけ(演劇キャストの俳優名)の、男性側の役だったときに、そういう話し合いだったりとか、まあ、あの稽古のフィードバックをしてました。

    い ・・・なんか、難しいというか、ねえ。アプローチの仕方が、やっぱり福祉の現場のアプローチですもんね。で、高齢の方で、この方は、やっぱり「こうあるべき」みたいな、女性はとか、お母さんはとか、妻はこうあるべきという、縛りがある方だなあという風に思ったんですね。

    中 うーん。

    い だから、正直な1人の人間として、「わあーっ」みたいな、さっきのカタルシスじゃないけど、

    中 はいはいはい。

    い 「もうやってられへんわあ」みたいな

    中 (笑)

    い 「なんやねん、息子らー」みたいな

    中 (笑)

    い ことはない、「いや、息子は忙しいんです」みたいな。

    中 そうですね。

    い 全部言葉にしていない、どのへんまで思っておられるのかがわからないけど、そこもきっとあると思うんですね。言葉になっていない。そこをなんか、どう表現していくのかな、と

    中 そうですね。私達の場合、サブテキストっていうんですけど。本当は、言葉にしている、その、表出している言葉とか行動以外に、

    やりたいけどできないこととか、思っていることとかも、台本によっては言語化をしたり、するんですよね。で、言語化しない場合もあるんですけど。

    い はあはあはあ。

    中 言語化してしまうと、それに引っ張られることもあるんで、そこはちょっと難しいんですけど、何を考えてるのか、ほんとは言いたい、抑えてるけど、言葉として出てるのかとかっていうのは、まあ書いたりもします。

    後は、今回どういう風にアプローチするかっていうのも、具体的にどんどんしていかないと、リアルになっていかないって思っているので、たとえば、そのー、息子の仕事の内容は別に明言はしてないんですけど、

    い そうですよね。

    中 海外によく行っているんだったり、その、お父さんとの生活だったり、それまでの、どう育ててきたのかだったりっていう、描かれていない、

    もしくは描かれている間だったり、描かれる前のものをどんどん共通の知識だったり、経験を共通のものとして、まあ具体的にするという作業をすごくやります。

    い ああ、そうなんですね。今回の劇だと、はっきりしていない、たとえば、さっきのだったら、フライトとか言ってたら、

    中 ああそうです。なんの仕事か

    い どういう仕事をしてはる人みたいな

    中 そうです。それが本当に具体的にどういう仕事なのかとか、パートがなんのパートなのかとか、というような話しも、

    いああ、そういうことも、

    中 結構1時間ぐらい話したり(へえ)、それによって、じゃ、パートで、どういう同僚がいて、たとえば、若いバイトの子に結構ま、いじめられてるのか、少しは話せる同僚がたとえばいたらどう違うんだろうかとか

    そういうこともあらゆる可能性があると思うんですけど、そのあらゆる可能性が、どういう風に具体的になっていったら、こういう結果というか

    い はあはあ

    中 言葉が出てくるんだろうかというのを具体的にしていくっていうのはすごいあります。

    い それが最初におっしゃった、ここでしゃべるまでに何があったのかということを、はっきりさせるってことなんですね。

    中 ああ、そうですそうです。

    い ちなみに、何のパートかっていうのも、決まってたんですか?

    中 決まってました。

    い 何なんですか?

    中 あの、レジ打ちかな、いや違う、和菓子屋さんか、僕はレジ打ちのイメージだったんですけど、遥(演劇キャスト)が和菓子屋さんの経験があったんです。

    遥 一緒に働かせてもらったパートの方のこととか、一緒にやった、プラス最初に覚えたてのときのあたふたする感じとかを思い出すこともしたりとか。

    中 そうですね。書いたときはレジ打ちのイメージだったんですけど、僕の家の、まあ、うちの母さんのイメージだったんで(笑)

    い ああ、そうですよね。お母さんの名前をつけてたんですもんね。

    中 レジ打ちをしていたわけではなかったんですけど、よく一緒に買物に行ってたスーパーがあって、なので、そこの経験が反映されているんですけど。

    たとえば、今みたいに、遥の経験が反映される方が、やる本人的には、思いが入りやすかったりとか、そういうすり合わせは、すごく重要だったりするんですよね。僕にとっては、スーパーの方がリアルで、

    い ふんふん

    中 遥にとっては、多分和菓子屋の方がリアルであるっていう。

    い うんうん。支援の話でいうと、パートをしてるんですっていうと、ああ、パートねって思いかねないけど、そのパートで、どういう風に仕事してて、それはつらいことなのか、

    中 ああ、そうです。

    い それとも、気晴らしになるのかでも、本当は違うんですけど、事例検討でもそこまでやるかっていったら、なかなかやらないかもしれないですけども、実は、そういうところに、その方の気持ちがありますよね。

    中 ああ、そうですね。

    い このたまっていくストレスの度合いとかも、なんかそれで、まあつらいけど、パートに行っているときはすごく楽しくて気晴らしになっていた、でもそのパートをやめるってなると、結構つらかったりとかね。

    中 ああ、そうですね。

    い そのへんも、なんか流れで変わってくるのかなと思うんですね。そういうのも話し合うんですね。

    中 そうです。話し合います。



  • 最初から読む
  • 3章へ
  • 5章へ


  • (申込み・問い合わせ先)
    東播磨カウンセリング研究会 (岸本秀子方)
    e-mail  higashiharimac@gmail.com


       

    受講者の声

    教材

    世話人